総合案内
TOP総合案内境内マップ > 仏殿
境内マップ仏殿タイトル 仏殿

 

与謝野晶子七堂伽藍の中心部に配置されている殿堂で、「大雄宝殿(だいゆうほうでん)」とも呼んでいます。
總持寺では、中央の須弥壇上に禅宗の本尊である釈迦牟尼如来(坐像、木彫)を祀っています。
如来は、死の恐怖、病気、四苦八苦など様々な衆生の悩みや苦しみを救済するため、その具体的な請願によって出現される仏です。尊像は、右手を施無畏印、左手は与願印の印相をしております。
この印相は、人々の不安をとり除き、あらゆる願いをかなえてくれる大慈悲の心を表現しています。
ご本尊の脇侍として向かって右は比丘相の迦葉尊者、左には若年美顔相の阿難尊者を祀っています。
この両尊者は、お釈迦様の「十大弟子」の二人でもあります。
須弥壇の左右の壇には、禅宗の初祖である達磨大師と、大権修理菩薩を祀っています。
この2尊を祀ることは一般の曹洞宗寺院と同じですが、両袖に曹洞禅の祖師である洞山悟本大師と、天童如浄禅師を奉安するのは、大本山總持寺仏殿の特色といえるところです。

 

【仏殿内部】

正面には、久邇宮邦彦殿下御筆による、 扁額「鎮護國家」が掲げられています。

ページ先頭へ

ホームページ記載の記事・写真等の転載はご遠慮ください
Copyright(c) Sotoshu Daihonzan Sojiji Temple All Rights Reserved
No reproduction or republication without written permission.