総合案内
TOP総合案内境内マップ > 大梵鐘
境内マップ大梵鐘タイトル

大梵鐘 三門の東を登った小高い丘陵を雙眸丘(ふたみがおか)といいます。大梵鐘は、その丘にあります。

大正2年(1913)に、1万6千人ほどの願いや祈りを淨財にして鋳造され、関東一の大きさを誇ります。

鐘銘は独住4世・石川素童禅師、勧進元は後に9世の伊藤道海禅師です。

平成7年(1995)秋に横浜市指定文化財になりました。

 

この鐘は重さが18.75トンもあり、毎日休むことなく時を刻げています。大晦日には一般参詣者も、大梵鐘を撞くことができます。

 

大梵鐘

ページ先頭へ

ホームページ記載の記事・写真等の転載はご遠慮ください
Copyright(c) Sotoshu Daihonzan Sojiji Temple All Rights Reserved
No reproduction or republication without written permission.